裸エプロンで誘惑!ダイキ工業「コイカノ×アイカノ2 カバーイラスト 天柿ひなた」フィギュア

スポンサーリンク
ダイキ工業
スポンサーリンク

藤坂空樹氏の単行本「コイカノ×アイカノ2」のカバー表紙より、主人公敬太と凛子が同棲する中で居候の身として生活する「甘柿ひなた」のエロ過ぎる裸エプロン姿がフィギュア化。ひなたの秘められた性癖、そして守り抜かれた始めてを、凛子とひなたの三角関係ともなる大人の同棲生活に彼女より大胆に。

104_1

スポンサーリンク

引き下がれない本心を打ち上げるひなた

ひなたの先輩ともなるSっ気のある凛子さんと同棲することになったMのひなたは大好きな敬太に思いを寄せることに。

104_sp1

コイカノ×アイカノ 2

そんなMなカノジョとSなカノジョとの同棲生活をもとにした三角関係もののラブスト―リー作品ともなる「コイカノ×アイカノ2」。

 

104_1

カバーイラストの大胆過ぎる真っ赤な裸エプロンにショートデニムで敬太を誘惑する「天柿ひなた」のエロ過ぎるフィギュア。

今回はそんな先輩に負けないぐらい想いを寄せる彼女を見ていきましょう。

全体を見た時の印象

104_sp1104_1

イラストと比較してもあきらかなように

赤裸々にしながらおっぱいを魅せるように裸エプロンをひっぱりながら見せつけている姿が印象的で、髪型から色彩、造形ラインのどれをとってもイラスト通りに忠実に再現されている。

 

42_1

原型制作に、ダイキ工業の秘書課 初美ゆきフィギュアを手掛けた「CL」氏。

 

104_16

彩色担当はまいもっち(鶴の館) が担当しており、造形ラインにそった美的なエロスをそそらせるような色彩ラインとなっており興奮せざるを得ない仕上がり。

 

104_6104_9

キャストオフも裸エプロンにショートデニム部分を脱着して、裸同線のMOLO仕様と完全にアダルトフィギュアとなっている。

全体の仕様等とざっと説明したところで、今度は各部位をもう少しこと細かく見ていくことにしましょう。

赤裸々にしながら見つめる表情が可愛過ぎる(表情)

104_sp1104_5

表情を観てみると

イラストのように上目使いではなく、下向きにうつむきながら見つめているのが良くわかる。

 

これはこれでいいのだが
やっぱりイラスト同じく上目づかいで照れたような表情にしてほしかったなぁと思った。

 

104_5a

アイラインもすでにデレデレモードに突入したかのような甘っだるい瞳が何とも言えませんね。

「うん、私、敬太のことずっと好きだったのぉ」

と真顔で迫ってきたらドキッとしてしまいますね。

 

104_5b

下を見つめるとナイスおぱーいが飛んでくるので

たまったものではありませんね^^

そんな可愛過ぎる誘惑めいた表情に陥没したおいらは彼女のリーサルウェポンとなるおっぱい部分をじっくり見ていくことに。

裸エプロンに隠された豊満なバスト(おっぱい)

104_3104_4

形が整っていて

横と後ろから見るこのハミ乳が堪りませぬ(*´Д`)ハァハァ

 

104_8

大きなお尻に突き出したお尻をしている女性の後ろ姿を見てしまうと

「バック体制」で何度もハメハメしたくなるぐらいに興奮してしまうものがあるな!

 

104_5b

裸エプロンを脱がして乳首を魅せようとするひなたちゃんを見ると

もうヤル気満々ですね

夜はお熱い時間になるかもしれませんw

 

>>このフィギュアを安く手に入れるには?

このフィギュアのフェチポイントは?

表情とおっぱいを見たところで

エロフィギュアでは外せないフェチポイントも合わせてみていくことにしましょうか!

 

今回のフェチポイントは3点

 

まずはこの鎖骨ライン

104_15a

色っぽい肌艶と相まったこのリアル感で舐めまわしたくなる鎖骨ラインの造形の仕上がり

実にいいですねぇ!

やっぱりこれぐらい骨を見せるぐらいにくぼんでいないと駄目ですね。

 

次はキャストオフした時に見えるおへそライン

104_11a

引き締まった腹筋部分にぽつーんと凹んで見える、このおへそラインも捨てがたい!!

 

後ろから見るこの背骨が見える曲がり具合にくびれラインと

104_13a

欲情をそそる部分がしっかりとしていて実によろしい。

 

最後は

104_10

ローアングルから見るこの形が良すぎる大きなお尻

たまらな過ぎます(*´Д`)ハァハァ

 

104_10a

こんなお尻を魅せつけられたら

顔面騎乗をしたくなりますね(*´Д`)ハァハァ

 

エロフィギュアはこうでなくちゃ!!

思ったところでいよいよお待ちかねの脱衣タイムとなります^^

ひなたちゃんのありのままの姿をお見せいたします(キャストオフ)

さぁお待ちかねのひなたちゃんのありのままの姿(裸体)を見せていただきましょうか

 

104_5a

敬太君との脱衣じゃんけんに負けたひなたちゃんはどんどん服を脱ぐのであった。

「は、恥ずかしいよ」
「ひなた綺麗だよ」
「う、うぅ、敬太の意地悪ぅ」

と拗ねたようにしながらドンドン服を脱いでいくカノジョ

裸エプロンに隠されていた乳首もついにお出まし!

 

104_6

「ココ可愛いね」
「な、舐めていい」
「こ、こらぁ、もう、だ、駄目だってばぁ」

我慢できなくった敬太君はひなたの可愛い乳首を見るや否や舐めまわすのであった。

 

104_10a

「もう、舐めまわすから」
「こんなになってしまったじゃないの!」

とプンプンとまた拗ねてしまうカノジョ

 

104_15a

「ふふふ、ひなたの拗ねたところも可愛いよ」
「もう、そんなにからかったら後で知らないからね」

本当に相変わらず可愛いなぁと
ほくそ笑いしながら野球拳をするのであった。

 

104_9

「ああ、また負けたよぉ」
「もう、なんで私こんなに弱いのかな」

と自分の弱さに落胆しながらさらに脱いでいく

 

104_10

そして

もう脱ぐものもなくひなたちゃんは完全に負けたのだった

 

104_15a

「私にこんな辱め行為をして」
「分かっているんでしょうね」

幸い今は凛子さんは不在だ

帰ってくる前にやっちゃうかなと

 

104_11

「私に対してこんなことをしたんだから」
「敬太、責任取ってよね」

と頬を膨らましながら拗ねる彼女が実に可愛く、彼女が何がしたいのか理解した敬太は彼女をベットに寝かせてエッチなことをするのあった。

 

104_14

「あ、はぁ」
「そ、そんなところ、だ、だめぇ」
「ひなたちゃん可愛いよ」

と言いながらすでにビショビショになった陰部を舐めるようにしながらクンニしていった。

 

104_11b

「ふふふ、ここが気持ちいんだね」
「こんなに濡らしちゃって」
「本当に、ひなたはエッチな娘だね」
「私そんなんじゃ…」
「そうはいっても」
「体は正直だぞ!」

と彼に上手いこといいぐるめられどんどんエスカレートしていき

 

104_12

「あ、はぁああああああ」

と激しく潮吹きしながら盛大にイッてしまったのである。

 

104_13

「敬太もう私我慢できないのぉ」
「お、お願い、き、きてぇ」

といいながらお尻を突き出しながらおまんこをくぱぁさせる彼女。

 

104_5a

「ひなたいいの」
「うん、ひなたの初めてを貰ってぇ」

と大好きな彼に対して「挿入れてぇ」と言わんばかりにおねだりする彼女。

 

104_13b

「じゃあ、挿入るよ」

と言いながらビチョビチョになって照かっているアソコ部分に挿入する敬太

「あ、はぁ」

と異物を入れられ声を漏らしてしまう彼女。挿入するごとにどんどん締め付けられていき、ついに彼の行く手を遮る処女膜が目の前にやってきたのである。

 

「ひなた、いいのか」
「うん、きてぇ」

と言わんばかりに覚悟を決めながら痛みにこらえるひなた

 

104_11b

ブチブチと裂けるような音を立てながらついに処女膜が破瓜されていったのであった。

「ぐぅ、あ、あがぁぁぁぁ」
「い、っつあ、ぐぁっ、あっ」

と痛みに耐えながら堪えつつゆっくりと出し入れしていくのであった。

 

ズッパンズッパンパンパンパン

104_13c

「敬太ぁ、もっと激しくしてぇ」
「ひ、ひなたぁぁ」

 

ズッパンパンパンパンパン

と空を切るように後ろから激しいピストンでお尻の奥まで届くように突き出す敬太。

104_15

「あ、はぁも、もういっちゃうのぉぉぉ」
「ひ、ひなたもう限界だぁぁ」
「うん、でるの?出そうなの」
「い、いいよ」
「私の中に頂戴」

と言いながら中に入れて欲しいと言わんばかりに何度もおねだりしながら私の子宮にキスするように何度も激しく突き出しまくって、子宮内に向けてたくさんの元気な精液に満たされていったわ

 

104_13b

こぷこぷぅ

と子宮に注がれた精液の過剰分が膣道を通って逆流していき、吐き出されていく

 

104_16

「け、敬太ぁぁぁ」
「ふふふ、大好き♪」

(私もう凛子さんなんかに負けないんだからね)
(覚悟してよね)
(敬太ぁ♪)

愛する恋人を見つめながら不敵な笑みを浮かべる彼女だった。

 

>>このフィギュアを安く手に入れるには?

 

今回目玉となる部分は?

目玉となる部分と言えば

104_5

やっぱり裸エプロンが魅せるエロスではないかな

その裸エプロンからみるフェティッシュ感がある部位もまたよし!

 

104_5b

まん丸くて大きいおっぱいからみえる乳首に

 

104_13a

歪曲にある背中ラインにお尻

 

そして極めづけはなんと

104_10

ローアングルから見るお尻だね

 

104_10104_13

裸エプロン姿のこの角度と裸にしたときにこの角度

どちらがエロイと思いますか?

 

私は、裸エプロンの方がムラっとしてしまいますね♪

こうした裸状態では味わえないフェテッシュな要素があるっていうのもこのフィギュアのいいところではあるな!と感心させられたエッチなフィギュアであった。

 

このフィギュアが欲しくなったら?

104_5

裸エプロンでご奉仕してくれる彼女が欲しくなったら、こちらからお求めできます♪

コイカノ×アイカノ2 カバーイラスト 天柿ひなた 1/5.5 完成品フィギュア(げっちゅ)

コイカノ×アイカノ2 カバーイラスト 天柿ひなた 1/5.5 完成品フィギュア(駿河屋)

 

■メーカー:ダイキ工業
■シリーズ:—
■仕様  :キャストオフ可(各パーツの着脱は自己責任のもとで行ってください)
■サイズ :1/5.5スケール(全高約165mm)
■原型制作:CL
■原作    :コイカノ×アイカノ2
■キャラ :天柿ひなた
■販売日 :16年11月未定
■付属  :

 

error:Content is protected !!