アイマスクで目隠しされくぱぁさせられるイマコさん 全裸フィギュア

緑のルーペ著『イマコシステム』から、男どもによって奴隷化されちゃったイマコさんの裸体フィギュアが登場。全裸で目隠しされ、ヘッドフォンをされながら悶えている表情に、造型師みんへる氏が織りなすナイスなロリボディが堪らない逸品となっています。

125_1

アイマスクにヘッドフォンをつけられくぱぁさせられるイマコさん

前回に紹介した

//figuremousouki.com/mousoufiles-no123/

イマコシステム イマコさんver.ねこみみよりもさらに調教が進んだ段階ともいえる今回のフィギュア。

125_4

周囲の視界と音を遮断するように、目隠しとヘッドフォンを装着され裸状態で悶えながらピーズサインをして奴隷化宣言させられるところが堪りません♪

ロリっ子のイマコさんをこのように調教していって、奴隷化にさせるといった背徳感が感じる禁断なフィギュアを見ていきましょうか。

背徳感溢れる奴隷フィギュア

125_6

まずは目隠しされて悶えているかのような表情が堪りませんな。

ヘッドフォンからどんなものが流れているのかと思うと想像してしまいますね♪

おそらく、洗脳系の催眠ボイスか命令ボイスであることは間違いありませんね。

125_5

眉をひそめて口をあけながらヘッドフォンから

「ピーズサインしながらくぱぁさせろよ、この駄犬が!」

と罵るような命令を聞かされ、無理矢理ポーズを撮らされるところもいいな。

首輪をされている時点で、もうペット化されている彼女はなすすべもなく男のいうことを聞きくぱぁさせながら一人オナニーしていくのだった。

125_14

「おいおい、どうしたもっと足を開いてみせんかい!!」

という罵倒を浴びせられ怯えるかのようにくぱぁさせるイマコさん。

上空からみると

125_3

このちっぱいが見えるこのつるぺたボディが堪りませんな♪

105_1

まなつちゃんといい

今回も造形を担当しているみんへる氏はいい仕事をしているなと感心しました。

123_1

つるぺたボディも確かに素晴らしいのですが、前回のイマコさんと同様に髪の毛の線入れや靴下のしわラインなどの細かい部分までもしっかり手掛けているところも忘れてはならない。

これはフィギュア全般にも言えますが

一つの部分が良くても顔がダメだったり、髪の毛がクリアパーツで質感がよくなかったり、造形ラインがそそらなかったりと

どれか一つでも手抜き感が感じる仕上がりになってしまうとフィギュアとしての価値が下がったり見た目の印象が悪くなってしまうのである!

その点、今回のフィギュアは髪の毛から、表情、裸体、首輪や靴下などの各種パーツを見ても手抜き感が感じないのである。

125_5

さらにふわふわベットを再現しているかのようなこの台座もいいな。

こうして正常位でくぱぁさせて

「挿入してください!ご主人様ぁ」

と言いながら迎えてくれると堪りませぬな♪

アイマスクも脱着可能で

脱がすとこのように驚いたような表情を見せてくれます。

125_16

前回のねこみみと比較すると

125_18a125_18b

(左:アイマスク、右:ねこみみ)

何かに怯えたような表情に、ピースサインを決めた可愛らしい表情とぞれぞれ異なっているのもいいな。

愛らしいねこみみに、奴隷化として陥れた表情のアイマスクと、それぞれ異なったスタイルを持った背徳感に溢れるロリエロフィギュアでした。

このフィギュアが欲しくなったら?

125_6

こんな可愛いメス豚奴隷となったイマコさんが欲しくなったら、こちらからお求めできます♪

イマコシステム イマコさんver.アイマスク 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

イマコシステム イマコさんver.アイマスク 1/6 完成品フィギュア(駿河屋)

■メーカー:岡山フィギュア・エンジニアリング
■シリーズ:
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/6スケール(全高約170mm)
■原型制作:みんへる
■原作    :イマコシステム
■キャラ :イマコ
■販売日 :16年06月未定
■付属  :

トップへ戻る