俺妹 黒猫(五更瑠璃)の初夜献上シチュを再現したエッチなフィギュア エロ小説

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」に登場するロリキャラ黒猫(五更瑠璃)のベッドシーンをイメージしたムード感あふれるアダルティなフィギュアが登場。初夜で緊張したような表情している彼女を優しくリードしてあげてくださいな♪

142_1

初夜献上に戸惑っている表情が可愛らしい黒猫ちゃん 

全国のロリキャラが大好きな変態紳士の皆さま

お待たせしました。

142_2

俺妹のロリキャラ枠の黒猫ちゃんの

ベッドシーンを再現したフィギュア!!

が満を期して登場したのである。

142_4

綺麗でスベスベなベビー肌をしたロリボディに

142_9

黒檀に近いキレイな黒のロングヘアの少女が

142_15

高級感あふれるお嬢様ベッドの上で足を組んでいながら、初めての方とのセックスという緊迫した状態でのシチュを再現したアダルティなフィギュアをじっくりと見ていくことにします。

まずは表情から

142_16a

何も動じないようなクールな表情とは裏腹に

ローアングルからみると

142_21

少し不安がっているのが良くわかります。

「大丈夫、大丈夫」
「おじさんが優しくしてあげるからね」

という優しいおじさんの粋な計らいで、少しほっとした黒猫ちゃん。

142_sp7

昔の女子校生のヘアスタイルを思わせる

142_21a

前髪を均一に切りそろえたおかっぱ頭のロングヘアと

おじさん世代には堪らんものともいえますね♪

結婚式を終えたばかりと思わせる

142_17

フリフリな下着部分に、カチューシャーと結婚初夜気分を演出させているところもいいな♪

足を組みながら小刻みに緊張しているところを見ると

まだまだ緊張がほぐれていないので、緊張をほぐすべく股を開かせた。

>>このフィギュアを安く手に入れるには?

オジサンに初夜献上される黒猫(五更瑠璃)ちゃん(エロ小説)

142_12

「黒猫ちゃん、まだ緊張しているんだね」
「そんなに怖いの?」

「あ、当たり前でしょ!!」
「そんなこと言わせないで///」

親切にしたのになんてものの言い様だ

そっちがその気ならこっちだって考えがあるぜ!
と彼女の素っ気ない態度に軽くイラッとした俺は

彼女を押し倒して

彼女のおぱんちゅの中に手を突っ込んでクリ部分を掴みながら愛撫していく。

142_22

「ぐ、あっああああああ」
「どうした。さっきまでの威勢はどこにいった?」

「し、知らないわよ!」
「まだ、言う気だな」
「素直になれない子にはもう少しお仕置きが必要だな!」

と彼女の表情を伺いながらおまんこ部分の敏感な部分を丹念に愛撫していく。

142_16a

「はぁ...はぁ///」

と息切れしたような表情をみせながら、ジップリと愛撫されたアソコ部分からはねっとりした愛液が滴り落ちてくる。

142_4

「愛液もこんなにだしちゃって」
「黒猫ちゃんってホント、淫乱な子なんだね(・∀・)ニヤニヤ」

「だ、誰がそんな」
「さっきまでの無表情な表情が和らいでこんなにも淫乱な表情になっているぞ」
「体は正直なのに、素直になれない子猫ちゃん」

とニヤニヤしながらキス。

142_21a

「ん、んっぅぅう」

と嫌がるような表情をするかと思えば、好意的に彼女の方から舌を入れてきたので驚いた。

「ふっはぁっ」
「もう私をこんなにもさせたんだから」
「責任取ってよね」
「責任ってどう取ればいいのかな(・∀・)ニヤニヤ」

142_sp2

「////」
「...だ、から、...わ...せ...してくだい」
「ん?なぁにいっているのかわかんないぞぉ」
「だから、私とセックスしてって言っているの」
「何度も言わせないで」

と激昂する彼女を落ち着かせようと慰めた俺は、彼女を正常位体制にさせてくぱぁさせた。

142_12

「ふふふ、いいのかい?」
「こんなエッチでデリカシーもないおっさんがはじめてで」

「言いに決まっているでしょ」
「なんども言わせないで」
「ではわかった」

と言いつつ、挿入前におまんこをクパぁさせて処女膜を確認。

142_17

ズボンを脱ぎ、20㎝もあるジャンボフランク級の太い巨根を彼女の前に見せ付ける。

「これが、いまから黒猫ちゃんのおまんこにずっぽりはいられるんだよ♪」
「えっ、そ、そんなのはいらないよぉぉ」

と恐怖感を引きずって怯える彼女。

142_24

「大丈夫、大丈夫」
「最初はみんなそうなんだから」
「でも、慣れると気持ちよくなるよ」
「おじさんと一緒に気持ちよくなろうね」

と言われ断る気力もなくなった黒猫ちゃんはおっさんのなすがままにおまんこに中に入れられてしまう。

142_26

処女膜近くまで挿入したところで

「ここから黒猫ちゃんが大人の女性としてりっぱになる儀式になるからね♪」
「さぁ、オジサンと一緒に大人の階段を登ろうね」

と言われ全体重をかけて黒猫の処女膜を奪うべく腰を目いっぱい落とし込んだ。

余りにも強い体重をかけたので

処女膜が破れた音は聞こえはしなかったものの、ベッドシーツを力強く握りしめながら食いしばるような表情で痛みに耐えながら破瓜されていくのは確認できた。

142_27

「ぐぅ、あがやかぁぁぁ、い、ぎゅあああああいい」

と涙目になりながらも必死に痛みに耐えている健気な彼女が可愛い♪

142_sp2

「おめでとう、これで黒猫ちゃんのロリから立派な大人になったね」
「褒め言葉になっていないわよ...」

と涙目になりながら怒る彼女。

そんな彼女の愛くるしく

「黒猫ちゃん、まだ痛い?」
「あ、当たり前でしょ///」
「なら、抜く?」
「い、いや、抜いちゃ、いやぁ」
「分かったよん♪」

と普段素直に接してくれない黒猫ちゃんに対してお仕置きに近い仕返しが出来たところで俺は彼女が落ち着くまでゆっくりとさせてやった。

142_29

「黒猫ちゃん、もうだいぶ落ち着いてきたね」
「続きしていいかな?」
「うん、痛みも少し落ち着いてきたから」
「してぇ♪」

と愛くるしい表情でおねだりしてきたので、その期待に応えるべく少し激し目に子宮にキスするような感じで奥深くまで出し入れしまっくた。

142_sp5

「あ、あああああああ」
「ふ、ふといい、のぉぉぉぉぉ」

とさっきまでの痛々しい表情は薄れ

突き上げられるたびに段々と雌本来の光悦しきった表情へと変化していく。

「ねぇねぇ、こんなおじさんに処女喪失して激しく突き上げられて、今どんな感じ(・∀・)ニヤニヤ」

142_sp2

「し、知らないわよ」
「ふふふ、これはまだまだ躾が必要だな♪」

と素直になれない彼女に対してより激しく突き上げていく。

「ん、あ、あああ」
「頭のなかが真っ白になるぐらいにキもちいいです♪」
「はぁ、あ、あ、もっと、もっと突いてぇ♪」

とおねだりするように何度も求めながらも、とうとう限界にまで

「黒猫ちゃん、おじさん、もう我慢の限界なんだよね」
「黒猫ちゃんの中に出してもいいのかな」
「そ、そんなの駄目に決まっているでしょ///」
「そんなこと言わなでさぁ」

まるで話を聞いていないような態度に慌てる彼女

「中に出さないでよ♪」

と言いつつも聞く耳持たない俺は

「黒猫ちゃんももう限界だ、だ、出すぞ」
「う、うそぉ、なか、なかはだ、だめぇぇぇぇぇ」

と両足を挟まれ逃げられない彼女はおじさんになすが儘に子宮に内にある肉壺を満たすかのように大量に放出される。

ドクンドクン

と彼女の中でおどっているように精液漬けされてしまったのである。

142_sp3

「ぐずん、ひ、ひどぃよぉ」
「私の中に出すなんて」
「黒猫ちゃんの中が余りにも気持ちよかったんで、ついっ」
「もう、私をこんなんにさせたんだから」
「責任取りなさいよね♪」

と言われバック体制になる彼女

142_sp4

「私、まだまだいけるわよ♪」

おまんこから純血混じりとなった精液を溢れ出させながら、オジサンを誘惑するようにお尻を向けながらおねだりする小悪魔フェイスの彼女の朝がくるまでハメまくったのであった。

おしまい☆彡

編集後記

如何でしょうか?

黒猫ちゃんの実現できなかった初夜を題材にした妄想日記。

142_sp5

今回のフィギュアのベッドシーンを想像して

「黒猫ちゃんとこんなエッチな初夜シーンがあったらいなぁ♪」

と思いながら、妄想内に浮かんだことを出力したものとなります。

142_sp6

桐乃ちゃんとはまた違ったロリフェイスにロリボディではあるものの、アダルティな部分があったりととにかく可愛過ぎるフィギュアとも言えますね♪

そんな黒猫ちゃんとイチャイチャできる

142_sp1

こんな同人ゲームあったりするのでプレイしてみてね♪

俺の後輩が俺のベッドで俺のペットになってる件

このフィギュアが欲しくなったら?

142_16

可愛らしいロリっ娘「黒猫」ちゃんと初夜を済ませたくなったら、こちらからお持ち帰りできます♪

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 From the bedroom PVC製 完成品フィギュア(あみあみ)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 From the bedroom PVC製 完成品フィギュア(げっちゅ)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 黒猫 From the bedroom PVC製 完成品フィギュア(駿河屋)

■メーカー:ORCATOYS(オルカトイズ)
■シリーズ:
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/7スケール(全高約165mm)
■原型制作:内嶋靖浩 [essence.]
■原作    :俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
■キャラ :黒猫(五更瑠璃)
■販売日 :16年07月未定
■付属  :

トップへ戻る