本家のレーシングミクよりもエロ過ぎる!そに子版フィギュア

アニメ「そにアニ」第十話で見せたあのレーシングミクサポーターズ2013のコスチュームがフィギュア化!キャラクターデザイン「津路参汰」氏による、はち切れんばかりの胸や迫力あるお尻などボリューム満点な仕上がりとなっています。

146_1

そにアニ10話でみせた、レーシングミクコスチュームをしたそに子フィギュアがついに登場

今回のフィギュア元となった、そにアニ10話のこのシーン。

146_sp1

本家のレーシングミクと比較すると

146_sp2146_3

幼さは負けるが、はち切れんばかりのおっぱいに迫力あるお尻と本家と比較すると

如何にエロく仕上がっているのか?

が良くわかりますね。

146_2

本家よりもエロで勝負したとも思える、レーシングミクのそに子版をじっくり見てみましょう。

まずは表情から

146_1a

本家に負けないぐらいにニッコリした表情が可愛らしいですね。

くりんくりんした目に口元、まん丸い顔立ちと愛くるしさが炸裂していますな♪

146_4b

トレードマークとでもいうべき、ヘッドセットやツインテールなども事細かく再現されていていい感じに仕上がっていますね。

やや斜めから見ても

146_3

衣装から零れ落ちてしまいそうなオパーイが目の前に飛び込んできます。

もう特大メロンサイズと言ってもいいぐらいに型崩れのないまん丸くて大きいオパーイは何物にも代えがたいですね。

146_3a

こんなものが目の前に飛び込んできたら

もみほぐしたくもなりますな♪

胸元のネクタイとプレートが、よりおっぱいの大きさを強調していてグット!

146_4

パイズリしたくなるおぱーいちゃんをじっくり堪能したところで、さらに真横に向けさせて見るとお腹のしわラインが見えたりと

146_4a

さりげないフェテッシュな部分もしっかり再現されていていいな。

して今回のメインディッシュと言えば

146_5

やっぱり

この大きなお尻ですよね♪

//figuremousouki.com/mousoufiles-no144

前に紹介したぽちゃ子の日焼けフィギュアと比較しても

146_5a

いい勝負ともいえるぐらいの大きさですね。

真っ白で骨盤がしっかりして、重量感溢れる巨尻をもみほぐしたい&顔面騎乗されたい!といけない妄想がよぎってしまうものがありますね。

正面から後ろにかけて全体を見たところ

146_3

本家のレーシングミクよりも

ボンギュッポンでエロく仕上がっているのが良くわかりますね!

レーシングミクフィギュアの18禁バージョンともいえる今回の「そにアニ すーぱーそに子 レーシングVer」は、ファンのみならずレーシングミクファンの方にもうならせてしまうぐらいの仕上がりとなっていますので、欲しい方は早めに注文しておくことをお勧めします♪

>>このフィギュアを安く手に入れるには?

今回のフェチポイントは?

本家よりもフェチに特化したものとなったそに子版レーシングミクフィギュア。

本家のレーシングミクにはないフェチ要素が盛り込まれたエッチな仕上がりとなっているのが特徴。

146_1a

はにかんだ表情に

146_1b

衣装からはみ出そうなおっぱいに

146_4a

ぽっちゃりしているところをうかがわせるお腹まわりのしわラインに、ノーパンとも思わせるおしり。

遠くから見ると

146_5a

履いていないようにも見えるきつく食い込んだおパンツ

と突き刺さる部分が沢山あったのが今回の良いところかなと思いますね♪

このフィギュアが欲しくなったら?

146_1

本家・ミクよりもいやらしいそに子のレーシング衣装フィギュアは、こちらからお持ち帰りできます♪

そにアニ すーぱーそに子 レーシングVer. 1/7 完成品フィギュア(あみあみ)

そにアニ すーぱーそに子 レーシングVer. 1/7 完成品フィギュア(げっちゅ)

そにアニ すーぱーそに子 レーシングVer. 1/7 完成品フィギュア(駿河屋)

■メーカー:マックスファクトリー
■シリーズ:
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/7スケール(全高約220mm)
■原型制作:YOSHI [マックスファクトリー]
■原作    :そにアニ『すーぱーそに子』シリーズ
ニトロプラス
■キャラ :すーぱーそに子
■販売日 :17年01月未定
■付属  :

トップへ戻る