【フィギュア比較レビュー】ワルキューレロマンツェ スィーリア ランジェリver&ビキニver

同時期に販売予定のワルキューレロマンツェよりスィーリアのビキニverとあみあみ限定のランジェリーverフィギュアを比較。

17

ワルキューレロマンツェ スィーリア ランジェリver&ビキニver  比較レビュー

可愛さを追求したビキニverとアダルティさを追求したランジェリーver

大人っぽさと可愛さ対決となる今回の美少女フィギュア対決。

今回は両者のムラムラポイントを探るべく調査していきたいと思います。

(左側:ランジェリーver 右側:ビキニver)

17_2 17_4 17_6

甲冑を含めて基本的な造形などは変わりませんが、下着が変わるだけでもここまで見栄えが違ってくるとは思いませんでした。

もう少し近くで見ると

17_22

ランジェリータイプのブラジャー部分

重量感あるビキニアーマーっていう雰囲気があります。

対してビキニ部分を見ると

17_8

可愛さが際立っていていい感じですね。

スィーリア様は体が大人っぽいからこういった可愛らしいビキニの方があっているんだと思います。ドアップで見た、ムッチリしたまん丸いお尻に腹筋ラインが美しすぎて思わず悶えてしまいます。

お尻に射精したくなるぐらいに美しい造形ライン。

白肌に巨乳&ブロンドヘア

とまさに皆が憧れるロシアンガールズ!

キャストオフで魅せるこの美しすぎる造形ラインに裸体象以上に美的センスに溢れているのだと思います。

17_10

下着なんて飾りですよ。

ヌードこそ

芸術ともいえるアートなのだ!!

17_18 17_20

拡大してみると

17_12 17_15 17_16

このボディ全体に張っている筋肉やおっぱい周りを含めて肉付けがリアルすぎ絵に為ります。馬術の鍛錬に明け暮れているということもあって色んな角度から見ても鍛えられた肉体美がムラムラしてしまいますね。

こんなボディを抱きたいと思った管理人が脳内交渉をしてきました

水野に乗り移った邪な管理人はベグライター交渉に自らの体を差し出すことを条件に交渉を開始

管「スィーリアちゃん、オジサンと一緒にセシボーンしないかい( *´艸`)諭吉4枚ノ」

「しょうがないな、ベグライターの件のあるし。水野の好きなようにしてくれ」

ウブなスィーリアちゃんは照れながらも承諾してくれました^^

この続きはssに載せておきます。

このフィギュアを見て感じた事

このフィギュアはぶっかけ用?それともコレクター向け?

ぶっかけ用ですね。バッチコイですよ^^

抜きポイントは?

なんといってもおっぱいに腹筋ライン、甲冑に魅せられたムチムチのお尻ですね。甲冑フェチにおっぱいフェチとフェチ要素が集約されているロマンツェってどうしてこんなにムラムラ要素が詰まっているんだろう。スィーリアに美桜、茜、ベルティーユと市販販売されているのにノエルにリサはボークス∀-brandなどの会場限定品だけだったので一般販売を希望します。

価値はあるのか?

ランジェリータイプのスィーリアはあみあみ限定ということで若干の価値はありますが、スィーリアのこの手のフィギュアって種類が多いのでもうインフレ状態になっている傾向ですね。

価値がある順でいえば

ボークス∀-brand > ダイキ工業 > 越えられない壁 > 以下のメーカーとなります

(2015年11月末 調査)

このフィギュアが欲しくなったら?

生徒会長とは思えないロシアン少女をお嫁さんに欲しいならこちら♪

17_9

ワルキューレロマンツェ スィーリア・ランジェリーver. あみあみ限定版 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

ワルキューレロマンツェ スィーリア・ビキニver. 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

ワルキューレロマンツェ スィーリア フィギュア各種(駿河屋)

■メーカー:Q-six(キューシックス)
■シリーズ:—
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/6スケール(全高約28cm)
■原型制作:川崎和史
■原作    :ワルキューレ・ロマンツェ
■キャラ :スィーリア・クマーニ・エイントリー
■販売日 :16年02月未定

【スィーリア調教日記】憧れの生徒会長がベグライター交渉を条件に売春される(SSエロ小説)

水野と俺はベグライター(騎士育成)を巡って争ってきた。ベグライター同時が汗煮えたぎる学園主催の大会で水野をこてんぱんにした俺は彼を引退に追い込んでしまった。

容姿端麗で生徒会長を務めているスィーリアのベグライターとしてやってきた水野を心配して負い目を感じたスィーリア。

これから生き延びるには優秀なベグライターをつけないといけない。

水野を破った彼をベグライターとして迎えたくない中で、彼の方からベグライターの話を持ち出してきた。

17_7

「スィーリアちゃん、俺前から君のことを気にかけていたんだよね。騎士として立派に育てたいと思っていたのに邪険にするからこんなことになったんだよ」

「誰が、あんたみたいな汚らしいおっさんと組むもんですか?」

「そんなこといってもいいのかな、愛しの水野君は退学して騎士としての道を諦めたんだよ。スィーリアも将来は国の為に騎士としていたいんだろ?」

「そ、それはそうだけど、だからといってあなたとなんて、、、絶対にイヤ!!」

汚物を見たような表情で剣を抜き俺に歯向かってくる命知らずなロシア少女。財力でいつでもスィーリアの祖国なんて買収できるのに馬鹿な女だ!

「それに、お金で祖国を買収しようという魂胆が好きになれない、そんなことでは私は屈しないぞ」

欲に目がくらんで諭吉を貰っておいてさらにそんなことが言えるのか?

今までさんざんコケにしてきたこともあってもう我慢の限界に達した俺は無理矢理スィーリアをその場で押し倒した。

「ちょっと、やめなさい!こんなことしてタダで済むと思っているの」

往生際の悪い女だ、買収されていずれ俺のモノになるっていうのに…

立場のわかっていない彼女をわからせようとごっつい鎧を脱がせて胸を中心に全体をくまなくまさぐる。

17_12

「あ、ぐぁ、や、やめ。き、気持ち悪い」

ピンと勃った乳首を舐めまわし、敏感になったクリトリスを舐めまわして感じまくる

「あ、はぁ、はぁはぁ」

所詮はメス!優秀な彼女もこうなればただ犯されて感じまくている淫乱娘と変わらないのだ。

快楽に導かせようとクリトリスのお豆をかみ切るように噛んでいく

「ああああ、fgdhstごkるえおいてぇkgjdfはg」

壁について四つん這い状態になった彼女を遠慮なく責める俺。

声にならないような悲鳴を浴びながら濡れたぐろっち部分から大量にあふれ出るマン汁が床にポタポタと落ちていく。

17_14

「スィーリアのマン汁、しょっぱくてスィーツな味だよ。癖になりそう( *´艸`)」

「あ、い、いやぁぁぁ、そ、そんなところ舐めないでぇ」

おまんこに顔面を押し付けて、マン汁を啜るようにクンニでイキまくる彼女は足をガタガタいわせていた。

無残にも成金の中年おっさんに処女を奪われるスィーリア

「ふふふ、やっぱり処女だ。待っててね。スィーリアちゃん、これからおじさんが立派な女性に仕立ててあげるからね」

「だ、だれがあんたみたいなけがわらしい奴と」

こんな事までされてまだ反抗する元気があるとは?そういった態度もいつまで持つか見物だ。

哀れむような視線を送り、ズボンを脱いで勃起した肉棒をさらすように彼女の顔に近づけた。

「これから、これを処女マンコに入れて立派な女性にしてあげるからね。楽しみにしててね♪」

「今ならまだ学園を通じて許してあげるから、もうこんなことは止めて」

何を許してもらう気なのか?これまで各園内で黙認してきたレイプしてきた少女に対する犯罪行為を問わないということなのか?

そんなことはどうでもいい。

今まで犯してきた彼女たちに比べれはこれまたとない上物が目の前にあるのだから犯す他ない。

17_16

彼女の願いを無視して、濡れ濡れになった処女マンコを見物しつつ

「こんだけ濡れていれば、もう挿れていいよね?」

煮えたぎる肉棒を未発達な果実の入り口に押し当てた

「ひぎぃ!!」

まだ何も入れていないのに敏感な彼女。さらにためらうこともなく処女膜に向かって押し当てていく。彼女狭くキツキツの暖かい膣内体温を感じながら処女膜の当たる付近にまで到達。

「ふふふ、これからこの膜を破れば一人前の女性になれるよ。おじさんと一緒にしよ♪」

「ちょ、ま、まって、こんな汚らしいおじさんに初めてを捧げられるなんて絶対にいやぁぁぁあぁぁぁ!!!」

悲願混じりに悲鳴を浴びまくるスィーリアの態度に支配したい欲望はどんどんエスカレートしていく。

17_12

「お前を一生俺のモノにしてやる!」

もはや理性もかけらもない俺はスィーリアに熱い思いを伝えようと力いっぱい一気につきまくる。

「く、あぁぁぁ、い、痛ぁぁぁぁぁ!!!」

ぐはははははは、やっと念願ともいえる生徒会長の処女マンコを奪える時がきたんだな。

「おらおら泣け泣け、こんなおっさんに哀れに犯されている自分に嘆け!!」

「ひぃああああああ!!!」

むははは、処女の証ともいえる純血がポタポタと床に落ちてきて、涙目で痛がりながら感じている顔が可愛い。そんな顔を見るともっと犯したくなるじゃねぇか。

(や、やだぁ、う、嘘おぉ。さっきまで痛かったのにもう気持ちよくなっている?)

甘い声を出しながら自ら腰を突き出すまでに快楽に溺れたスィーリアちゃんにめかげてさらに腰を突き落とした。

「ほぉらほぉら、スィーリアちゃん。イキたいんだろ?ならご主人様の精子をスィーリアの子宮にくださいっておねだりしろよ!」

「うぐぅぅぅ」

恥かしがって言おうとするスィーリアちゃんが可愛い。我慢できずに

「ご主人様のデカくて大きいおチンチンをわたくしめのいやらしいおまんこの奥まで下さい!」

「よく言えました♪ご褒美に一緒にいこ」

そういい終わると次第に子宮の奥まで当たるように激しく突き上げていく。足をガクガク言わせて悶絶しまくる彼女の表情はもう淫乱嬢と変わらんほどに。

「うぐぅ、もうで出るぞ、スィーリア。俺の劣性精子で俺の子を孕め!」

「いぎゃぁぁぁ、汚らしい汚れのおっさんの子なんて嫌ぁぁぁ!!」

嫌がっている嫌がっている(・∀・)ニヤニヤ

子宮を委縮し精子の侵入を阻止しようという魂胆なのか膣内を締めにかかる彼女。尿管から亀頭まで達した大量のスペルマが彼女の子宮の奥にめかげて一気に向かっていく。

「あ、はぁぁぁぁああ、いあああああああ!!!!」

一週間も溜め込んだ大量の濃い精液を全部受け止めた彼女は、満足そうにクッタリと床に横たわりながら寝込んでしまった。

さぁてここからメス豚としてしっかり飼育してやらねばイカンなぁ

第一目標を達成した俺はさらなる目標に向かって彼女を惜しみなく犯しまくる。

一週間後、出産が明らかになったスィーリアと俺は学校を去りスィーリアの母国で王様として君臨してしまったのである。

もちろんスィーリアだけでなく初心だった処女持ちの侍女も俺の前ではスィーリア同様のビッチに成り変わっていった。

「ねぇ、あなたぁぁ、公務終了まで待ちきれないからフェラしたいよぉ」

国民の拝める女王様として形無しのスィーリアは欲情が止まらず、時間場所問わずに俺のチンポを物欲しそうに咥えるのだった。

こんな処女でウブなスィーリアちゃんにぶっかけたくなったらこちら♪

ワルキューレロマンツェ スィーリア・ランジェリーver. あみあみ限定版 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

ワルキューレロマンツェ スィーリア・ビキニver. 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

トップへ戻る