大見武士著「月刊哀川編集長 哀川由美」コスプレナース キャストオフフィギュア

ヤングコミックに連載された、大見武士著「月刊 哀川編集長」のヒロイン哀川由美のコスプレナース姿がフィギュア化!馬用巨大クスコを持ち歩きながら興味深そうに見つめる、ちょっと変わった可愛い編集長の彼女をご堪能ください。

266_1

コスプレナース姿が実にエロイ!哀川編集長 

266_sp1

>>大見武士著「月刊 哀川編集長」コミックはこちら

コミックヤングの素人編集長でもある「哀川由美」。本編では、コミックヤングの編集者「今井敬介」と一緒に連載のやりとりをしながら親睦を深めあっていき、肉体関係を持ってしまうといった社内恋愛に発展してしまうシーンも。

編集長とは思えないような、可愛らしくもあり美しい編集長をじっくりと見ていきましょうか。

(左:ピンクver、右:ホワイトver)

266_1266a_2266_2266a_3

コミックの表紙に描かれているナースを意識した清楚感あふれるホワイトverに、可愛らしいピンクの衣装と、どちらも可愛らしいですね。

表紙と比較すると

266a_4266a_5

表情はややお粗末な感じがして残念でならない。

おたふくのようにふっくらとしすぎた顔つきなので、原作と比較してなにかこう違うって感じがしますね。

目があっちゃ目っていうのも頂けない。

表情は誠に残念ながら、原作とややかけ離れていて評価のしようがありません。

266_3

カルテの代わりに持っている、アワーズGH2014年2月号に掲載されている、「KISS MY ASS」のカラーページ・・・哀川編集長と同じ原作家「大見武士」氏に対するPRかなっと思っちゃいました。

キャストオフ

キャストオフしてみると

266_4266a_8

大きなおっぱいに、セクシーなパンスト姿がお披露目に。

後ろ姿もこの通り

266a_7

中々のムッチリ感ではあるな。

セクシーなナースお姉さんって感じがしたエッチなフィギュアでしたね。

このフィギュアを見て感じた事

266a_4

兎に角、顔が駄目だ!!

デコマス詐欺以上にひどいとしか言いようがありません。

266a_4266_sp1

原作と比較してみても忠実に再現されていないのが残念だな。

今回担当した造型師「MESH!斑斑プラス」氏は過去に紹介した

//figuremousouki.com/mousoufiles-no118/

ラバーズドリーム企画 第3弾 上本町灯 I Love Colt Navy-51の造形を堪能していた方でもあります。

//figuremousouki.com/mousoufiles-no124/

同じブラックベリーの作品で、「彼女×彼女×彼女 織節秋奈 裸エプロン」の造形を務めた梓零 [ガンドール]が手掛けると、もっと可愛かったのでは?と思ってしまったな。

266a_4

今回は辛口になってしまいましたが、フィギュアは見た目が命で、他がどんなに素晴らしい出来であっても表情が駄目だったらもうおしまいですもん。

そんな、反面教師的なフィギュアとでもいうべきものでしたね。

//figuremousouki.com/mousoufiles-no68/

アルゴ舎(ブラックベリー)は矢沢俊吾氏を始めとした、本格的なアダルトフィギュアをメインとしたメーカーでもあるので、そこに可愛さを求めるのはナンセンスでもあります。

受託段階でミスったのかなとしか思えないですね。そんなことが脳裏によぎってしまったフィギュアでした。

このフィギュアが欲しくなったら?

266_1

セクシーなナースコスプレ姿の「哀川由美」フィギュアは、下記から購入できるぞ♪ 

月刊哀川編集長 哀川由美 コスプレナース ピンクVer. 1/5.5 完成品フィギュア(あみあみ)

月刊哀川編集長 哀川由美 コスプレナース ホワイトVer. 1/5.5 完成品フィギュア(あみあみ)

月刊哀川編集長 哀川由美 コスプレナース フィギュアを探してみる

■メーカー:ブラックベリー
■シリーズ:
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/5.5スケール(全高約290mm)
■原型制作:MESH!斑斑プラス
■原作    :月刊 哀川編集長
■キャラ :哀川由美
■販売日 :16年12月未定
■付属  :

トップへ戻る