【tonyエロフィギュア】T2アート☆ガールズ 白のオデット&黒のオディール 比較レビュー。官能小説

スポンサーリンク
スカイチューブ
スポンサーリンク

大人気イラストレーターTony氏描く『オデット&オディール』より、白のスワンをモチーフにした少女「白のオデット」と黒のスワンをモチーフにした「黒のオディール」がセットになった2体のフィギュアを比較!妄想を膨らませる18禁エロ小説は下記にて。

 

34_13

T2アート☆ガールズ 白のオデット&黒のオディール レビュー

先ほどまで個別にレビューしてきた『白のオデット&黒のオディール』。ここからは随所に見ていってどちらがエロく見えるのか?についてレビューしていきたいと思います。

 

早速正面から

 

34_10

 

睨んでくるような目線を送ってくる「黒のオディール」に、優しそうに見つめてくる「白のオデット」。こうしているとまるで姉妹のようなそんな感じですね。

 

後でお兄ちゃんと一緒にレッスンしてあげるね^^

(エッチなダンスをして姉妹丼でも食すか(*´Д`)ハァハァ)

 

とレッスンしている彼女の稽古見てほしいとお願いされたので見ることに

 

「オディール踏み込み甘いぞ」
「申し訳ございません、お兄さん」

 

「オデットそこもっと早く」
「うん、あ、ごめんなさい。お兄ちゃん」

 

レッスンからしてまだまだじゃねぇか!!

 

もうここはお兄ちゃんが個別レッスンをしてやるしかねぇな。

 

34_11

 

「二人とも基礎がしていないから、フォームを確認していくから言う通りしてみて」

「は~い!」

と元気よく返事をして、指示を待っていた。

 

「つま先をもっと上げて、肌と肌を合わせて」

「こんな感じ?」

「いいね感じでOK!」

 

パシャパシャ!

 

とカメラのフラッシュを回しまくる俺。

ぐふふ、妹達がこんなにも可愛くなったんだ。

 

妹達の成長を見守るためにもお兄ちゃんはこうして記憶している。

 

34_12

 

オディールの黒パンツに、オデットのムッチリしたお尻が堪らねぇぇぇ

 

これはもうアソコが暴発寸前になるぐらいしこれるなw

 

ふふふ、こんなに食い込んでいたら小説を書かざるを得ない!!!!!!

 

レッスンを見てみてどちらがエロかったか?

 

これはオデットの方が( ・∀・)< エロいな!

ということでオデット推しなオイラ!

 

表情はオディールの方が好きですね!

 

オディールちゃんも、もっとムッチリしたところをさらしてくれればよかったのに!と思ってしまいました。

 

本当のエロさはキャストオフしてみないと分からないので続きと

 

>>こんなエッチな妹達をゲットするには?

【妄想エロ小説】お兄ちゃんとエッチなレッスン

妹達とのレッスンをして、股間が膨張してきた俺は今日のレッスンを終らせることにした。

家に帰ってから妹達が作ってくれた食事を食べて、ゆっくりしていると

 

「お兄ちゃん」
「お兄さん」

「今日はありがとうね」

 

「うん、いいよ、って何その格好???」

驚くのも無理はない

 

34_14

 

バレエ衣装ではなく、カチューシャをつけただけの裸当然の姿だった。

 

「私たち知っているよ、こんなにもカッコイイお兄ちゃんが彼女作らないか。」

「お兄ちゃん、私たちのこと好きなんでしょ?」

 

「じゃなきゃ、そんなにカメラ回さないよね?」

「お兄さん、その取った写真を使ってまさか、、、しているわけじゃないんでしょうね?」

 

「いやぁ、そんなことはないよ」

 

「正直に答えてください!!!」

「私たちのことが好きなのですか?」

 

これは参ったなぁ。

でも本当のことを突かれているからむやみにやたら嘘は言えない。嘘を言って悲しませるわけにはいかない。

 

ましてや実妹を好きになって、あんなことやこんなことになったら俺はもう世間に顔すらも向けれない。

 

(世間の目)
「あの人、妹達と淫らな関係をもって子供を産んだらしいよ」

「いくら彼女がいなくても実妹とセックスなんてあり得ないわ。キ●ガイよ」

 

って周囲に言われかねない!!!!

 

もういいや、お兄ちゃん人間やめる!!

 

正直に言おう

「うん、好きだよ。でも実妹と関係を持つことが怖くてなかなか言えなかったんだ」

うなだれる俺に優しく抱きしめる二人

 

「お兄ちゃん(お兄さん)ってやっぱり優しいね。こんなに優しいお兄ちゃんで良かったよ」

「お兄さん以外に好きになれる男性なんていません!むしろお兄ちゃんとセックスしたいぐらいです」

 

なにいっちゃってんの?オディールちゃん。

そんなことしたら取り返しつかないよ。

 

子供のころからはもう想像できないぐらいにまで発育の良い体つきになった裸体を見て我慢できなかった俺は

 

「そんなこと言ったら取り返しが付かなくなるぐらいするから、いいの?」

「うん、いいよ。お兄ちゃん私たちを貰ってください」

と妹達による姉妹丼セックスが始まる。

お兄ちゃんに処女を捧げる健気な妹達(姉妹丼)

ベットに横たわって、その中央に来るσ(゚∀゚ )オレ

 

「ねぇ、お兄ちゃん気持ちいい?」
「お兄さんどうですか?」

 

じゅるりじゅるりと

サイドに囲まれながら、俺のおチンチンを甲斐甲斐しく舐め舐めする彼女たち。

 

34_15

 

「あ、はあぁ、お兄ちゃんの匂いが堪らないよ」
「あ、お兄さんのチンカスの匂いにくらっときちゃいそう」

 

仮性包茎だから一週間洗っていないおチンチンの亀頭裏に溜まったチンカスを美味しくほうばる彼女たち。

 

「おにいちゃん、美味しいよぉ」

咥えながらサイドに激しくしごきまくる妹達、ってどこでそんなテク学んできたんだ?

 

「お兄ちゃんのエロ本からだよ?いつかお兄ちゃんとこんな風になるから一所懸命勉強したんだよ。ねぇオディールちゃん」

「うん、お兄さんが私たちを好きになってくれるように勉強しましたもの」

 

甲斐甲斐しく舐め舐めしまくること10分、ついに我慢が出来ずに白い白濁液で彼女の顔を汚しまくった

 

「ん、あぁぁ、熱いよぉ」

「ごめん、あまりにも気持ちよかったからつい出しちゃった☆彡」

「もう、お兄さん。出すなら出すって言ってくれないと困ります」

クスクスとあざ笑うかのように楽しんでいる妹達

 

「オデット、オディール!二人の身体を見たらもう我慢できないんだ!二人が欲しい」

「お、お兄ちゃん」

「うん、いいよ!お兄ちゃん(お兄さん)!」

「私たちを貰ってください!!!」

もう兄妹関係なく女性として意識してしまった俺は、後戻りできない。

 

彼女たちとこれから、結ばれて結婚してしまうことにも

「二人とも本当に俺でいいの?二人としたら兄妹と結婚だよ!それでもいいの!」

 

「うん、いいの?お兄ちゃん(お兄さん)しか愛せないもの」

「だからお兄ちゃん」

「私たちの処女を貰ってください!!!!」

 

ぐはぁぁぁぁ

もう堪らねぇぇぇぇ

兄妹関係ねぇぇぇぇ!!!!!近親相姦上等だ(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

とやけになった俺は彼女たちを壁につかせて、突き出したお尻が良く見えるように後ろに向かせた。

35_10

「ぐふふ、お兄ちゃん。嬉しいな。こんなに素直だった妹達がこんなに立派な体になって処女貰ってくださいだから。」

 

「おにいちゃん、言っていることが親父っぽいよ」

「きゃあ!」

 

オディールちゃんとオデットのむっちりしたお尻を触りながら滴り落ちる愛液を舐め始めた。

「うんうん、美味しい。」

「お、お兄ちゃん、そんなことしたら私ぃぃぃぃ」

 

秘部の先にある処女膜を確認し、滴り落ちるマン汁啜りまくる

34_8

「二人ともキレイなおまんこだね。処女膜もばっちりみえちゃているよ」

「み、見ないでぇぇ」

 

「これからお兄ちゃんと激しいことするのに恥かしいも何もないだろ!」

「オディールちゃんのマン汁しょっぱいね、柑橘類の味がして美味しいよ( *´艸`)」

 

「お、お兄さん、もうやめてください。恥ずかしいですぅぅ」

「オデットちゃんのマン汁は甘いな。まるで日本酒のように甘いよ」

「そ、そんなぁぁ、そんなところ舐めたらだめだよぉぉ」

 

ガクガクと足を震わせながら小刻みに感じまくっているのがわかる。妹達の肢体から匂ってくるピュアな臭いに、むぁっとしてくるおまんこから匂ってくる淫乱臭に満たされた匂いにクラクラしてしまった。

 

「ねぇ、二人とも。もうイキたい?」

「あ、やぁ、だ、だめぇぇぇ」

 

お互いの陰部を手マン&クンニしながらさらに責め立ててること5分、感じまくった二人はついに

 

「ん、あ、も、もう、だ、だめぇぇぇぇぇ」

 

ぷしゃぁぁぁぁぁあぁぁああ

 

34_15

 

と勢いよくおまんこから潮を吹きだし、足をガクガクさせながら感じまくる二人。

 

「もうこんなに感じちゃんてそんなに気持ちよかったんだね。」

「こんなエッチなことで感じるようないけない妹達にはもっとお仕置きしてやらないとな」

 

と膨張した股間を思いっきり彼女たちのアソコにターゲティングした。

 

>>こんなエッチな妹達をぶっかけたくなったらこちらからお持ち帰りできますよ♪

憧れだったお兄さんに処女を奪われるオディールちゃん

「これから、お兄ちゃんがお前たちを立派な女性に仕立ててあげるね。まずはオディールから」

 

「お、お兄さん、オディールをお兄さんだけの女性にしてください」

 

34_7

 

ゆっくりと濡れ切ったオディールの陰部を確認!

 

「これだけ濡れていれば、もう大丈夫だね。入れるよ」

 

「うん、きてェ!!お兄さん」

 

じゅぷり

やっぱり処女マンコはキツキツだな。

 

ん、何か壁に当たったなぁ?これが処女膜かぁ?

 

34_8

 

「オディールちゃん。最初だけ痛いと思うけど、ダイジョブかな」

「うん」

「じゃあ、いくよぉぉぉ」

 

勢いよく一気に肉棒を押し上げた

 

ミシミシと音を立てながら

ブチンと何かが切れたような音がした

 

処女膜が破れた。破瓜されたようだ。

 

「ん、ぐ、あああ、い、痛ああああああああああああ」

処女のあかしともいえる純血が股間からベットシーツに向かって滴り落ちる。処女膜でも純血しない女性もいるというのだが彼女はまさに血が流れた。

 

「オディール大丈夫?」

「うん、痛いけど大丈夫。もっと続けて!」

 

純白なベットシーツを汚しながら、ピストン運動していった。

 

「あ、ああああ」

 

段々さっきの痛みはなくなったようだな。

 

ココで一発射精してやるか

「オディール、もう我慢できない、な、中に出すよ」

「うん、きてェお兄ちゃん。オディールを種付けしてぇぇ!!」

 

パンパンパンパンパン

 

34_9

 

と激しく突き上げていくごとに、煮えたぎる肉棒の根っこから押されてくるスペルマが一気に、肉壺に向かって発射されようとしている。

 

もう我慢できない!!

 

「だ、出すぞ、オディール、俺の精液を全部受け止めろ!!」

「あ、いい、いいよぉぉ、お、お兄ちゃん、き、きてぇぇええええ?」

 

パンパンパンパンパンパン

 

ドピュシー☆彡

 

どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ?

 

「あ、ああ~~。お兄さんの精液暖かいよぉぉ?」

「もうお兄ちゃん、オディールちゃんとばっかりしてぇぇ。オデットも奪ってぇぇ」

と懇願してくるのでオデットの処女もいただくことに。

憧れだったお兄ちゃんに処女を捧げるオデットちゃん

「オデットちゃん、我慢できなかったの。こんなに愛液が溢れ出ているよ(・∀・)ニヤニヤ」

「み、みないでぇぇぇぇ」

 

ふふふ、照れやがって初心なんだから。その初心な処女マンコを今から奪うんだがな

 

「オデットちゃん挿入するよ」

「うんきてぇ」

 

35_9

 

オデットちゃんの陰部に肉棒をあてがうと、ぎちぎちと侵入を遮るように締め付けられる。

とさっきいのオディールちゃんと同じように処女膜に到着。

 

「これから痛くなるけど、我慢してね♪」

「うん」

赤裸々にしながら、上目づかいでおねだりするところが( ・∀・)< エロいな

 

そうほくそ笑いしながらキツキツに締め付けられ、侵入を阻止する膜を破るため、全体重をかけて一気に押し上げていく。

 

ミシミシミシミシと音を立てながら

ブチーンと軽快に処女膜が破れる

 

「ん、ぐ、あああああああ、い、いたぁぁぁ」

 

オディールちゃんと同様に、破瓜された部分から大量の純血が股間からベットシーツに向かって流れていく。

 

「オデットちゃん、大丈夫?」

「うんいいのぉ、きてぇぇぇ」

 

パンパンパンパンパンパン

 

と激しく小刻みに振動を与えながらピストン運動をしていく

 

「ぐ、あ、ああああああ~」

とさっきの痛そうな表情は和らぎ、快感に身もだえる女性に成り変わったオデットちゃん。

 

「オデットちゃん気持ちいい?」

「うん、き、きもちいいよ、もっとしてぇぇぇ」

 

パンパンパンパンパンパン

 

35_10

 

「オデットちゃん、もう我慢できない!だ、だすよ」

「うん、きてェ。オデットを種付けしてぇぇ」

 

ぴゅぴゅぴゅ

 

どくんどくんどくん

 

と尿道から押し出される精液が一気に亀頭から子宮に向かって発射され、彼女の肉棒を満たした。

 

「あ、は、はぁぁ~、暖かい~」

「オデット、お兄ちゃんとセックスできてうれしい♪」

 

と言いながら余韻にひたり、クッタリと眠ってしまった可愛い妹達を一晩で食ってしまった。

34_15

妹達とのいけないセックス生活はまだまだ始まったばかり。どうなる俺!!

ということで小説は終わり♪

購読ありがとうございました

このフィギュアが欲しくなったら?

34_20

 

あみあみでは

 

他では手に入らない!!

特製ブランケット(B2サイズ)付き限定セットを購入することができます♪

 

T2アート☆ガールズ 白のオデット&黒のオディール 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

T2アート☆ガールズ 白のオデット&黒のオディール 1/6 完成品フィギュア(駿河屋)

T2アート☆ガールズ 白のオデット&黒のオディール 1/6 完成品フィギュア(げっちゅ)

 

■メーカー:SkyTube(スカイチューブ)
■シリーズ:—
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/6スケール(オデット:全高約26 cm / オディール:全高約 28cm(台座含まず))
■原型制作:EGG
■原作    :T2アート☆ガールズ
■キャラ :オデット、オディール
■販売日 :16年08月未定
■付属  :白のオデット、黒のオディール、セット用限定水面台座、セット限定A4下敷き

 

コメント

error:Content is protected !!