【麗 誉アートワークス】スケベ心を掻き立てられる!「犬童茜」フェチフィギュア

レチェリーから、人気イラストレーター誉氏の画集「麗 誉アートワークス」に登場するセクシーな水着姿の女の子「犬童茜」がフィギュア化。プロポーション溢れるセクシーな肢体を武器に、男性を誘惑するかのような妖艶な笑みが実に堪らないえっちぃなフィギュアをお手元に。

スケベ心を丸裸にさせられること間違いなし!の痴女お姉さん「犬童茜」

「クイーンズブレイド グリムワール」などの版権イラストや、「漫画ばんかいち」を飾った珠玉ともいえる表紙イラストを数多く手がけた人気イラストレーターの誉氏。

妖艶かつセクシーに描かれた氏のイラスト集を参考に再現された、エロスをそそるフィギュアをじっくりネットリと見ていきましょうか?

まずは表情から

どう?私のセクシーなボディにメロメロでしょ!」と幼い少年を見かねて童貞狩りをするような若奥様っていったスタイルが実にエロイのなんの!ベロを出しながら小悪魔っぽい表情で誘惑する仕草が、もう何とも言えないぐらいにエロイですね♪

欲情をさらに掻き立てる!線入れがしっかりしていてウェーブ感たっぷりのロングヘアもなかなかいい味出していて、さらにエロスを掻き立ててくれるところがグッド!

後ろ姿を見てもそれが明らかで

勃起不可避と言ってもいいぐらいのボディにたなびくセクシーなヘアスタイルと、男の欲情を煽らせるばかりが興奮して襲い掛かってもおかしくないぐらいのエロさではあるな。

ねぇ、坊や、お姉さんとタノシイコトしない♪」と微笑みながら誘惑されたらもう人生がひっくり返るぐらいのムフフ三昧になることでしょうね♪

全体を見たところで

ムラっとしたフェチポイントも兼ねてより深堀していくことに。

>>抜かざるを得ない!誉氏が描くエロフィギュア「犬童茜」はこちら♪

男性の目線をさらに釘付けにする!プロポーション抜群なセクシーボディ

おっぱいからお尻を含む全身にかけて、ムッチリボディでセクシーな茜さん。

再度正面から見ても

裸よりも恥ずかしい限界ギリギリの三角ビキニに包まれた豊満なバストに合わせ、ゴージャス感に満ちたおパンツと大人の女性特有な妖艶さがにじみ出ている今フィギュア。

横から見ても

左右に大きくはみ出たおっぱい肉や前方に突き出たムッチリとしたお尻ラインを筆頭に、歪曲ある背中ラインに足の爪先まで繊細に再現された土踏まずラインが堪らない足裏など細かい部分の仕上がり具合も見逃せない。

後ろを振り向くと

もうバックでがっつンガツン突きまくってください」と言わんばかりの突き甲斐のある安定した巨尻。

ねぇ、坊や?私を好きにしていいのよ?」なんて余裕ぶっこいて誘惑されたらもう否応なく襲ってもおかしくないぐらいエロさに息子もビクンビクンと反応してしまうぐらいのけしからんさ。

全体から見ると

見事なプロポーションに色気に余裕たっぷりな表情、オイラもこんなお姉さんに童貞を卒業してほしかったと思ってしまうぐらいのけしからんさだな。

こんなお姉さんがいたら

お金を出して土下座してでもやりたくなってしまうな。

久々にフェチに特化したフィギュアをじっくりレビューした後、光の速さで抜いてしまったのは言うまでもない♪

このフィギュアをみて疑問に思ったこと

キャストオフして、欲情させられた少年との童貞狩りシチュも再現できるようにしてほしかったと思いましたが、ムッチリした肉体感から感じられるフェチズムを優先してキャストオフしなかったっていうことも。

そう考えると

キャストオフしなかったのは正しい判断ではありますね。

もし、キャストオフ仕様にした場合の問題点としたら

ここまでの食い込み具合にならなく

パンツとおまんこに隙間が生じてムラっとすることはないですね♪

バストも同様に

谷間の間に若干の隙間が生じるのでセクシーさに今一欠けてしまいます。

キャストオフでは実現できないフェチを追求した拘りっぷりなだけあって、見ているだけで先だしり汁が出てしまうエロさに思わず釘付けせざるを得ません♪

このフィギュアが欲しくなったら?

エロボディを見せびらかしながら誘惑する魔性ともいえる美女のセクシーなボディをじっくりと鑑賞したくなったら、下記からお持ち帰りできるぞ♪

麗 誉アートワークス 犬童茜 1/5 完成品フィギュア(あみあみ)

麗 誉アートワークス 犬童茜 1/5 完成品フィギュア(げっちゅ)

麗 誉アートワークス 犬童茜 1/5 完成品フィギュア(駿河屋)

■メーカー:マベルLECHERY(レチェリー)
■シリーズ:
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/5スケール(全高約220mm)
■原型制作:双翼社
■原作    :麗 誉アートワークス
■キャラ :犬童茜
■販売日 :17年07月未定
■付属  :

トップへ戻る