【百花繚乱】健康的でムッチリした荒木又右衛門のリペイント版フィギュアと通常版を比較してみた!

『百花繚乱 サムライブライド』より、四剣鬼の一人でもある「荒木又右衛門」の健康的でダイナマイトボディのリペイント版が登場。再販された日焼けした通常版と白肌で色っぽい肢体のリペイント版を比較レビュー。

60_1

ギャルっぽい口調が特徴の「荒木又右衛門」ちゃん

外見とは異なるその魅力的過ぎる

ボンギュッポンな肢体を比較しながら見ていきましょうか。

(左:リペイント版、右:通常版)

60_160_7

右が再販された日焼けした肌が特徴のオリジナルバージョン。

左が今回オリジナルと対照的となる白肌。

バージョンごとの大きな違いは

肌と服装、髪、ストッキングなど各部位違った着色部分となっています。

表情も健康的に明るく見える通常版に、

女らしくなった美しいリペイント版と甲乙がつけがたい。

どの角度から見てもムッチリしたエロエロな感じがする通常版に

60_10a

お嬢様らしさがある母性溢れるおっぱい。

60_4a

どちらも形が崩れていない安定したおっぱい周りを見ると揉み揉みしたくなりますね。

斜めから見ても

60_360_8

胸元が開いて乳首が見えるギリギリまでチラ見させているところが憎い!!

こんなのを魅せつけられたら

ムラムラしてしまって仕方がありませんね♪

よく見ると

60_3a60_8a

リペイント版のストッキングは艶を出して光沢なのに対して、

通常版は艶消し処理となっていて高級感を出しているところが大きい。

して前から見ていて、このフィギュアの極め付けとなるのが

間違いなく

この後ろ姿のパンチラですね!!

60_260_11

もう少し拡大してみるとこんな感じに

60_2a60_11a

このミニスカートから見えるむっちりしたお尻から見えるおパンツ。

堪りませんよね♪

こういう女子校生が近くに歩いているとなると、

オジサン連中は揃いに揃って声をかけたくなりますね♪

どの子も可愛いが

60_11a

特に右の通常版の黒ギャルをイメージした日焼け肌に

むっちりしたボリューミなお尻を突きつけられた時にはもう

やりたくって仕方がありません(^^♪

60_4

こんなボンギュッポンな肢体をした女子校生を売●するべく、

オジサンは諭吉を渡して淫らな行為をラブホテルに誘うのであった。

パンチラの奥にあるおパンツが見たくて裸にしてみた!(キャストオフ)

裸にしたときのキャストオフ姿がこちら。

60_5

通常版と比べても白肌が全面に出したような気娘っていったところでしょうか?

さっき位まであんまり見えなかったくびれ部分の盛り上がり肉に、ぷっくりしたお腹まわりと随所にみられるフェチ要素がたまりせんね♪

肝心の後ろ姿と言えば

60_660_12

この通り、全然違いますね♪

背中ラインの曲がり具合に、おパンツの食い込みにお尻の割れ具合と正面よりもさらにムラムラしてしまうエロさに悩殺されて鼻血が出てしまいます♪

おパンツの色が通常版がピンクなのに対して、

60_12a

リペイント版が白と

60_6a

これまで肌の美しさを追求しているのがわかる。

ムチムチ感を追求した通常版に、きめ細かい美しさを前面にしたリペイント版と

エロフィギュアとして評価するとなると

断然、通常版ですね!!

理由はやっぱり肌の色がよりエロスを誘惑させていること。

特にムッチリしたお尻に食い込んだ部分の後ろ姿を比べるだけでそのエロさが立証されてしまいますね。

シコるのが目的なら通常版一択だな!!

よって、今回のフィギュア比較勝負は

「通常版」に決定。

して過去に販売された通常版では、これ掲載された画像以外にもよりムラムラしてしまう過激なショットがあるので是非見てもらいたい。

百花繚乱 サムライブライド 荒木又右衛門 1/7 完成品フィギュア(あみあみ)

百花繚乱 サムライブライド 荒木又右衛門 1/7 PVCフィギュア(げっちゅ)

「百花繚乱 サムライブライド」フィギュアを探してみる

■メーカー:回天堂
■シリーズ:—
■仕様  :PVC塗装済み完成品
■サイズ :1/7スケール(全高約220mm)
■原型制作:横田健
■原作    :百花繚乱 サムライブライド
■キャラ :荒木又右衛門
■販売日 :16年05月未定
■付属  :PVC,ABS(フィギュア本体) ABS(台座)

トップへ戻る