余裕な表情で悩殺させながら誘惑する「趙雲子龍」ちゃんがいやらしすぎる!キャミソールver フィギュア

スポンサーリンク
アイズ・プロジェクト
スポンサーリンク

アイズプロジェクトから、キャミソール姿で妖艶かつ悩殺ポーズで誘惑する「一騎当千 趙雲子龍」のエッチなフィギュアが登場。余裕な表情でエッチなお誘いをするところが堪りません♪

 

75_1

夜のお付き合いにやってきた子龍ちゃん

派手な下着で夜這いしにきた彼女。

 

こんな彼女に夜這いされてしまうと堪りませんね♪

といったシチュが似合いそうなフィギュアを今回は同時販売されるレッドと白バージョンを比較していきたいと思います。

75_175_5

(左:レッド、右:白)

情欲溢れる過激さがあるレッドに彼女の優雅さにマッチした純白な白とどれをとっても「健全な日本男児」には刺激が強すぎます。

「おいどんはこんなおなごによとぎされてしもうたら、本望でごわずわな」

とどこかの九州男児もきっと納得することでしょうね。

硬派なニッポン男児もものともしない子龍ちゃんの悩殺っぷりを堪能していくとしよう。

クールビューティで余裕ぶった表情の子龍ちゃん

全体を見ていきたいところではあるが

フィギュアの要となる表情も忘れはならない。

75_375_7

流し目で見るようなこの表情が堪りませんね。

 

澄ましたような表情に余裕ぶっている素振りが感じられます。

人をここまで悩殺させといて

「私は何もやっていないのに何興奮しているの?」

という始末の子龍ちゃん。

 

“こんのアマ、後で覚えてろよ”
フフフ、後で恥ずかしい仕返しをしてあげるからね

とおじさんは復讐心に燃え上がり、子龍ちゃんのその余裕ぶった表情を忘れることはなかった。

おっぱいやくびれラインはどうか?

一騎当千キャラと言えば、やっぱり「ナイスバディ」なキャラが多く登場するものということも忘れてはならない。

 

75_175_5

もう一度正面からみてみると

赤と白ではかなり印象が違いますね。

お子ちゃまには刺激が強すぎる赤と本妻をイメージした清楚感あふれる白バージョンというように夜這いをテーマにしたドレッシングがナイスと言ってもイイ。

 

刺激が強すぎるキャミに隠れたおっぱいは勿論のこと、腰をくねらせたようなくびれラインを見ると

75_35

ストリップショーがお似合いだな

って思ってしまいます。

 

(`ω´)グフフ、オジサンに対してこんなに恥を描かせたんだ!

その償いは果たしてもらうぞよ!

ストリップオーナーに協力して、前金10万で子龍ちゃんをストリップショーに無理やり勧誘させるように働きかけておくことに。

 

75_36

大衆の前で、子龍ちゃんがはずがっているシチュが堪らなくなるぜ。

むっちりしたお尻に流れるようなロングヘア

大人の雰囲気が抜群な子龍ちゃん

前に紹介したセルベリアちゃんと同じ銀髪仕様ということでかなり燃えてしまいますね。

74_6

クールビューティな女性って

なんで銀髪の子が多いんだろうなぁとふと思ってしまいました。

 

それはさておき

せっかくのストリップショー開演までまだまだ長いので余裕ぶっている子龍ちゃんの自信あふれる肢体を堪能していくとしよう。

75_275_6

食い込んだTバックにムッチリしたお尻と太ももに美脚ラインと見ているこっちが勃起してしまうものである。

「どお、私のナイスバディさに思わず勃起してしまったんでしょ、おじさん」

全く最近の若いもんは躾がなっていないなぁとイライラしてしまった40代無職のおっさんは劣等感を感じさせるこの言い分に腹が立ち、お得意先のストリップオーナーとストリップショーの手配をすることに。

彼が依頼した「女性口説き隊」が上手くいいグルメてくれることを祈って、俺は連絡を待ったのであった。

 

>>このフィギュアを安く手に入れるには?

ついにストリップショー解禁で余裕ぶった表情が一気に崩れ落ちる(エロ小説)

「大門様、依頼したストリップショーの準備が出来ましたので23日20時にお越しください」

「ぐふふ、よくやったフィリップ君よ。報酬はたっぷり振込んでおくぞよ」

とこれが喜んでいられるかって思うぐらい無職童貞の俺は闇世界で溢れる資金をもとに違法カジノやスロット、風俗などアンダーグラウンドの世界に精通している。

 

大門と聞くと誰もがアンダーグラウンドの元で働いている奴にとっては知らない奴はいないというぐらい有名になった、所謂「究極ワル」というところまで上り詰めていったのだ。

ニヒルな笑みを浮かべながらいそいそとストリップ劇場まで赴いたのであった。

馬鹿にされた俺と再開した彼女が見せる表情とは?(キャストオフ)

 

75_475_8

「ぐふふ、子龍ちゃん。いい様だな」

「ぐ、貴様はあの時の無職童貞のおっさん。一体何でこんなところへ」

「そう、ヤケになるなって。実は子龍ちゃんの踊りっぷりを堪能したくなったんだ」

驚くのも無理はない

ココは一般のストリップとは違って二度と外の世界に戻れない売春婦の入り口ともいえる公開ストリップショーだからな。

その名を聞いた麻薬捜査官として乗り組んだ彼女はもう二度と戻ることはないだろう。

「大門 次郎め、私にこんなことをしてタダで済むと思うなよ」

「ぐぅふふふぅ、さぁ抗うこともできない彼女のムッチリした肢体を堪能できるようにもっと派手に踊ってくれないかな」

 

75_35

ウェイターに注がれたウィスキーを片手に持ってきた水鉄砲でストリップしている彼女に目めかけて打ちまくった。

 

(あ、ああ、つ冷たい)

「ぐふふぅ、子龍ちゃん。水をかけられたぐらいで動揺してはいかんよ。サービスサービス」

(このエロ親父ぃぃぃ、絶対殺してやるぅぅぅ)

75_36

キッと睨んだ表情を見せながらも踊りを見事最後までこなしたところでヘナヘナになった彼女のお腹にをグーパンして気絶させたのを確認し

「この女を儂の部屋まで連れていけ」

と言われるがままに部下に頼んで連行したのであった。

屋敷に無理やり連れてこられて辱めを受けられる子龍ちゃん

75_33

「ぐふふぅ、お目覚めかな、子龍ちゃん」

「だ、大門ん!き、貴様ぁぁぁぁあ」
「私に何をした」

と振り返ると両手足を拘束されて身動きができない状態になっている彼女。

「むほほぉ、強気な彼女こうして強がっている素振りを見ると堪らんものですな」

「き、貴様ぁ。私にこんなことをしてタダで済むと思うなよ」

「タダで済むかどうかは分からんが、お前を犯したくて儂のおちんちんもこんなにビクンビクンしているものだよ」

 

30センチもある人間離れしたビックフランク級の巨根に驚く彼女

「今からこれを子龍ちゃんのおまんこにズポズポしたい訳だが」

「ふ、ふぅん減らず口がぁあぁ」

こいつ、自分の立場もわかっていないのに良くもここまで平然としてられるなぁ。

まぁいい、こいつの処女膜を奪うことなんていくらでもできるからその前に処女膜の形をじっくり見て、導通していない新品おまんこの匂い堪能するとしよう。

 

75_42

「ぐぅふふふぅ、もっと小股開くね」

と嫌がりながら塞ごうとする子龍ちゃんに対して塞がらないように足を固定される拘束具をつけてからじっくりくぱぁさせて処女膜を観察。

「むふふ、子龍ちゃんのこの白くて透明な処女膜が見えるぜ」

「この膜をおじさんが今から破って立派な女の子にしてあげるからね」

「だ、だれがあんたなんかに」

「おじさんが一生性奴隷として養ってあげるから、おじさんに任せないな」

自信満々に言いながら彼女が感じやすい部分を確認したのち性感帯ともなる「Gスポット」を中心に攻めまくったのであった。

「ぐ、あ、ぁぁぁぁぁぁ」

ビクンビクンと言わせながら滴り落ちる愛液をじっくり舐めながら、処女膜が破れないように手前まで下を入れてゆっくり舐めまわした。

 

じゅるりじゅるり

「あ、アヒィィィッ」

「ぐへへへ、子龍ちゃんのおまんこわかめ酒みたくしょっぱくて美味しいな」

「もっと取ろうか」

と用意しておいたタライに開けて滴り落ちるおまんこを30分かけて採取していった。

 

「おじさんにおまんこ汁をおいしそうに飲まれるのってどんな感じかな(・∀・)ニヤニヤ」

「し、知らないわ!!」

(ぐふふ、ツンデレいただきましたぜ。このまま素直になれない彼女をもっといたぶってあげるとしようぜ)

と思い一升瓶に収まるぐらいになったところで「Gスポット」を責めまくって絶頂をさせたのちに彼女の処女膜を破ることにしたのであった。

極道親父に無理矢理処女を奪われる子龍ちゃん

「ぐふふぅ、子龍ちゃん可愛いお」

「そんなに見るなぁぁ」

(ぐ、私が油断したばかりにこんなことに)

 

「それでは子龍ちゃんの初めてを儂がありがたくいただこうかのう」

「そ、それだけは、や、やめてぇぇぇ」
「何でも聞くからぁ」

「儂には子龍ちゃんの処女の方が欲しいから聞く耳持たんわ」

(なんて最悪な人なの)

と諦めづいた私はこれからこんな汚れにまみれたおっさんに犯されるというと反吐がでる。

 

「それでは行くぞよ」

ふんぬといい勢いよく自慢のビックフランクを彼女の子宮に届くように全体重をかけて落とし込んだ

75_41

ブチプチ

と軽快な音を立てながら処女のあかしともいえる純血が一気に流れ落ちていく。

「ああああ、ぐ、あ、あああ」
「いった、がぁぁぁあぁぁぁぁあああ」

何物にも代えがたい痛みに襲われたことだろうが、俺は構わず侵入を遮るように締め付けてくるおまんこの弾力を味わうかのようにコンドームなしで何度も中だしまくった。

 

「子龍ちゃんよ。もうそなたは元の世界には戻れないぞよ」

「これから毎日儂の劣性精子で大門の息子を何人も孕むのだ」

「こ、こんなの」
「い、いやぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ」

何も抵抗できない自分の非力さを改めて知った彼女は、大人しくなすがままにされるのであった。

編集後記(エロゲプレイを含む)

夜這いで調子にのった子龍ちゃんをレイプしてみましたがいかがでしょうか?

強気で余裕ぶった女の子(二次元に限る)を見るとついつい構ってしまうオイラの欲望をそのまま露骨に表現したものでした。

 

オイラの好物ともいえる女性といえば

75_32

勝気で強気な女性!!!
そしてツンデレで素直じゃない女の子!!

ですね

 

75_sp1

最近購入してみたillusionのゲーム「sexyビーチ プレミアムリゾート」を丸一日中やりまくってしまった。

 

75_13
この作品に登場してくる「霧生 茜」ちゃん。

 

この子がもうオイラの好物と思える勝気で強気な女の子っていう設定なので

M字開脚でくぱぁさせられているものの

「こんなことされてもちっとも恥ずかしくないわよ///」

と強がりながら恥ずかしがっている表情が嫌というほど目に浮かんできます(*´Д`)ハァハァ

 

75_12

普段はこんな風に接してくるが

 

75_17

エッチになるとこんなに照れながらしおらしくなったりと、構ってちゃんというぐらいに素直じゃないところも可愛くてたまらん♪

性格はともかくとして、自分のことを認めないと思った彼女が勝負にことごとく負けていっても、優しくされた主人公に段々惹かれてしまうといったところがグッときましたね。

 

「これはもう限界」

と思えるような恋人だけにしか見せない甘々な仕草もあったりと何とも言えません。

競泳水着フェチなオイラは恋人になっても強気で素直になれない茜ちゃんに着かえさせてエッチをさせる

 

75_19
「あんまり、じろじろ見ないでぇ」

ぐふふぅ、そんな目線で見られると俺のナニが収まらんではないか。

 

75_20

「俺はお前のすべてが欲しいんだ!」

と思いながら小股を広げ、じっくりねっぷりと恥ずかしがる彼女の陰部をクンニしたりいじりながら絶頂に逝かせたりしようとすると

 

75_21
「この変態!馬鹿ぁ」

と言われる始末なので

この手の強気っ娘好きなおいらにとっては堪らない生娘ではあったな。

 

75_22

75_23

75_24

75_25

75_26

そんな強がっているようで臆病な彼女を可愛がり、体位を変えてそれぞれ一発ずつ中だししまくったな。

 

75_28

こんな彼女がいたら

もう毎日犯しまくるに決まっていますわ!!

っていう夢のようなリアルセックスを次々出しているイリュージョンのゲームをお楽しみくださいな。

 

75_30

このゲームは

「高スペックを要求されまくってロードに時間がかかる」

といったことからスペック関係なく重いのはゆうまでもないが

 

オイラの環境では「パフォマンス」で設定したら動きました。強気な女の子もいるこのゲームでじっぷいねっぷり犯しまくったオイラは観客前で恥ずかしそうに踊る彼女のストリップショーを堪能したのはゆうまでもない。

PS.

愛撫で揉み崩すことで

75_40

「この変態!馬鹿ぁ」

と言われる始末なのでついつい愛撫していって可愛く強がる彼女の仕草と声に一発抜いてしまったのは言うまでもないw

 

75_41
「もうちょっと普通のマッサージしてほしいんだけど」

とか

「気持ちよくないんだってば!!」

って怒ってしまう彼女も可愛い。

 

75_33

男を知らない処女持ちの勝気で強気な気娘とのセックスってどうしてこんなに興奮してしまうのか?二次元だからなのかの所以かもしれませんね。

 

変態さんには

75_9

「霧生 茜」ちゃんのような勝気で強気なヒロインとの初心らしさ全開の初セックスものにギンギンにせざるを得なくなります。「霧生 茜」ちゃん以外にも、アイドルでお兄ちゃん?娘な「的子」や「霧生 茜」と同じ勝気で男勝りな「鬼越真紀」も登場。

 

こんな強気な女の子と好きなようにハメハメしたくなるゲームはこちら

>>Sexyビーチ プレミアムリゾート

 

このフィギュアが欲しくなったら?

75_1

 

クールで知的な彼女に悩殺されること間違いなし!

こんなエッチな子龍ちゃんをお嫁さんにしたくなったら、こちらからお求めできます♪

一騎当千 Extravaganza Epoch 趙雲子龍 Cami Ver. WHITE 1/6 完成品フィギュア(あみあみ)

 

一騎当千 Extravaganza Epoch 趙雲子龍 Cami Ver.を探してみる

 

■メーカー:AIZU PROJECT(アイズ・プロジェクト)
■シリーズ:—
■仕様  :ポリストーン製塗装済み完成品
■サイズ :1/6スケール(全高約280mm)
■原型制作:メガテクボディ
■原作    :一騎当千 Extravaganza Epoch
■キャラ :趙雲子龍
■販売日 :16年05月未定
■付属  :

 

コメント

error:Content is protected !!