【ワルキューレロマンツェ】スク水とビキニでこんなにも違うのか?スィーリアの日焼けフィギュアを比較してみた

スポンサーリンク
A+(エイプラス)
スポンサーリンク

2015年12月に販売されたA+(エイプラス)の「ワルキューレロマンツェ少女騎士物語 スィーリア・クマーニ・エイントリー」の第二弾ともなるフィギュアが登場。ランジェリー姿の前作とは違い、今回は水着跡が見えるビキニとスク水跡を再現したフィギュアを比較レビュー。

88_1

パーフェクトな体つきに隠された日焼け跡がセクシー

ランスを構えたポーズは前作と全く変わらないが、ランジェリーから水着に変更されていることと、甲冑の質感を意識した金属マテリアルから白に変更されている。

今回も前回と同様に「スク水・日焼けVer.」「ビキニ・日焼けVer」の2種類がラインナップされるのでその違いを比較しながら紹介していきます。

 

(左:ビキニ・日焼けVer、右:スク水・日焼けVer.)

 

88_188a_1

水着跡の違いでこんなにも見えてしまいますね。

後ろに回ると

 

88_388a_3

ブロンドヘアが邪魔をしていて日焼け跡が見えないのが残念。

 

どのメーカーで「スィーリア」フィギュアを作ってもこのロングヘアの弊害でセクシーな背中ラインが拝めないっていうのはある意味宿命ともいえる。

と全体を軽く見たところで気になる表情をみていきましょう。

 

88_488a_4

ビキニverとスク水verで表情の違いでこれといったところはないが、スク水verの方がほんのりピンクが少し多めな気がします。

生徒会長にして優雅で余裕たっぷりな表情と、スィーリアの性格をよくあらわした顔立ちとなっている。

 

88_588a_5

また彼女のトレードマークともいえるブロンドのロングヘアに巻きカールとベルティーユ様とはまた違ったつくりになっているのがまたいいところでもあります。

 

88a_1388_4

このベルティーユフィギュアの造形を担当した「龍佑」氏が今回のフィギュアの造形にも担当しているがどうもベルティーユフィギュアと比べても詰めの甘さが少しあるっていう印象がある。

髪の色からして単調で甲冑を見ても華やかさがない!

 

88a_1688_4

それでいて前作と比べても髪の毛の一本一本が見えないっていうのはいかがだろうか?と思うぐらい手抜き感が感じられる。

サンプル写真のデコスマ段階でこれだから、商品化されたときの仕上がり具合でどうなるか。

日焼け処理や造形ラインはイイなだけに残念だ!

水着跡とスィーリアちゃんのアソコがくっきり見えちゃうキャストオフした彼女も見ていくとしましょう。

コメント